トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

ストライプブルー第3話感想

週刊少年チャンピオン2007年22+23号 第3話/「もうコドモじゃいられない」の巻

内容感想
・実はプレイボーイだった直木!しかし下駄箱にラブレターとは古風だな…。
・アー坊たちは学校内では3人組で行動しているのか。両手に花状態だな。
・「肝心な女にゃモテねーがな…」→恋愛ってそんなにうまくいかないもの。
・学園の2大美女を独占するアー坊に嫉妬する直木!男の嫉妬は見苦しいぜ!!
・「15歳おめでとう」→直木、誕生日を迎えたのりっぺにケータイのストラップをプレゼント!
・アー坊、のりっぺ、花ちゃんの3人には「お互いに誕生日プレゼントは渡さない」という暗黙のルールがあった。
・なぜそれを直木は知っているんだ?長年のストーカー生活の賜物か?
・「小沢亜穂クンが本当に好きなのは朝井……おまえの方だ!」→なぜそう断言できる?それともハッタリか?
・「もし江口が小沢を追っかけて同じ高校に進学しちまったら…江口がかわいそーだぜ」「江口にソレを思いとどまらせる事ができるのは朝井 おまえだけだぜ」→のりっぺを口車に乗せて利用しようとする直木!なんてヤツだ!
・「なに言ってんのよ 直木」→のりっぺは直木を呼び捨てにしているんだ?それとも勝手な事言われて少し怒ってるのか?
・「そのあとは安心しろ!江口はおれが幸せにする!」→どこまでも自己中な直木!しかし、この言葉はのりっぺを揺れ動かして…?
・「さあ これで朝井が動いてくれますか?」→直木は意外と悪知恵が働くんだな。
・「顔に向かってイレギュラーしてきた……」→花ちゃんのアイドル顔、危うし!
・花ちゃんは普段、2つ年上のヨリちゃんていう人から指導を受けていたのか。
・先輩のヨリちゃんも、花ちゃんが高校野球に挑戦することには批判的。
・「そんな事はたいした問題じゃないんだ」→澄んだ目で覚悟を語る花ちゃん。その意志は固い。
・「高校に入って本格的に練習していったら…どんどんどんどん男っぽい体つきになっちゃうのかな?」→思春期の体の変化に悩む花ちゃん。
・「男っぽくなっちゃう前にこのスタイルをアー坊に見といてほしいよ……」「今のあたしのスタイルを見たら絶対驚く……自信あるんだ!」→花ちゃんは今の自分のスタイルに絶対の自信をお持ちの様子!
・「や~~ん バカバカバカ~~ 今 あたしヤラシー事考えてた~~~」→何考えてたんだよ花ちゃん。青春だな。
・花ちゃんの弟、江口隆造初登場!ひょうきんな性格みたいだ。
・「ひとり言…あんまりベラベラと大声で言わない方がいいんじゃないのかな?」→ごもっともです。
・「このマセガキ」→あわてる花ちゃんは可愛いな。
・「のりっぺ助けて~~ん」→どさくさにまぎれてのりっぺに抱きつく隆造。確かにマセガキだ。
・花ちゃんの部屋初公開!ひこにゃんのぬいぐるみがかわいいな。
・「あたしは高校に行ってもアー坊といっしょに野球ををやるつもりだよ!」「や やっぱり!」→な、なんだってー!!
・案の定アー坊を追いかけるつもりだった花ちゃんをなんとか説得しようとするのりっぺ!しかし…。
・「ウチの親はもうあたしの事………あきらめたよ!」→親はすでに陥落!形勢不利なのりっぺ!
・「ミジメになるよ!」→柄にもなく厳しい言葉を吐くのりっぺ!
・「あたしはミジメにもならないし不幸にもなりはしない それこそが幸せなんだ」「男には男の生き方がある-とか 女には女の生き方がある-とか そんな事「理屈」でわかってる 「アー坊といっしょにやる野球」を終わらせたくないだけ!」→理屈じゃないんだ!花ちゃんの熱い言葉におののくのりっぺ!!
・「花ちゃん コレ……見てくれる」→焦ったのりっぺは意外な行動に!直木にもらったストラップを花ちゃんに見せて…?
・「コレ……あたしの誕生日ってことで……“アー坊”からもらったんだ!」→嘘ついちゃったー!!
・さすがの花ちゃんもこの言葉には凍りつく!大ショック!!
・直木はこうなることを見越してのりっぺにプレゼントを渡したのか?だとすれば、相当の策士だな!
・嘘に嘘を重ね、泥沼に陥るのりっぺ。内心ビクビクだろうな…。
・「あたしは先月誕生日だった……」→アー坊はあたしよりものりっぺのことを…。この気まずい雰囲気、いたたまれない!
・泥沼の愛憎劇と化している女子側の事情も知らず、繁森か真直かで悩むアー坊。ある意味幸せ者だよ…。

総評:今週は直木が悪の黒幕として、そしてのりっぺが嘘の実行犯として大きく動いた。だまされて傷ついた花ちゃんの心中やいかに?そして今後どう動くのか?興味は尽きない!!


今週の名セリフ
「肝心な女にゃモテねーがな…」
「そんな事はたいした問題じゃないんだ」
「男っぽくなっちゃう前にこのスタイルをアー坊に見といてほしいよ……」
「今のあたしのスタイルを見たら絶対驚く……自信あるんだ!」
「ミジメになるよ!」
「あたしはミジメにもならないし不幸にもなりはしない それこそが幸せなんだ」
「“アー坊”からもらったんだ!」


巻末作者コメント
「「アー坊くん」構想4年。「琴子」構想7年。おれはしつこいんです(笑)。(森高夕次)」
そんなに前から構想を練っていたのか…。気の長い話ですな。

2007年4月21日 (土)

ストライプブルー第2話感想

週刊少年チャンピオン2007年21号 第2話/『追いかけてアー坊』の巻

センターカラー扉絵
先週の表紙+巻頭カラーに続いて、第2話ではセンターカラー29ページ。編集部の期待の現われか。
アー坊は両手にグローブをつけて、後ろ手で一人キャッチボールでもしているのか?

内容感想
・窓際で仲良く会話する花ちゃんとのりっぺ。アー坊を巡っての確執は少なくとも表面化していないようでよかった。
・アー坊情報を隠さず花ちゃんに伝えるのりっぺ。なかなかのフェアプレー精神だ。
・のりっぺも花ちゃんがアー坊を追いかけるのには反対。友達としての素直な気持ちからか、それとも恋敵に対する危機感からか…。
・今日はのりっぺじゃなくて花ちゃんと一緒に下校するアー坊。うらやましい奴め!!
・先週のビンタ事件の記憶は二人とも忘れてしまったのか。そしてのりっぺは一人で何しているんだろうか。
・監督の方針で両刀投げを封じられてきたアー坊。しかしそれにはやはり不満があった様子。
・「本当に子供の時からやってきた“両刀”なんだ」→のりっぺと花ちゃんとの関係も立派に両立してきました。
・デジャビュ?今度は花ちゃんが待ち伏せされた!
・花ちゃんは芸能界も注目する逸材。しかし本人は野球とアー坊にお熱なのだ!
・草陰から突如現れ横槍を入れる直木。この絶妙なタイミングからすると、ずっと花ちゃんをストーキングしていたのか?
・「江口花は将来俺の花嫁になる!」→爆弾発言でみんなを自分のペースに巻き込む直木。これは一種の才能だね。
・なんだかんだでスカウトを追っ払う事に成功した直木。ここは素直に感謝すべきかな。
・直木が花ちゃんの彼氏じゃないことをあっさり見抜いたスカウト。まだだ、まだあきらめんよ。(シャア?)
・軽蔑のまなざしでスカウトをにらむ直木。すごい顔だ。
・舞台は変わって1週間後に。下級生の練習を手伝うアー坊たち。
・他の男子野球部員たちに混じっている花ちゃんがかわいい。「野球場に咲く一輪の花」といったところか。(花ちゃんなだけに)
・突如練習に乱入してきたこの前のスカウト!この1週間みっちり猛特訓をしてきたんだろうな。
・監督とスカウトはグル!汚い大人の罠にはめられた花ちゃん!
・花ちゃんが芸能人になったところが見たい、お嬢様女子高の生徒になった姿を見たい…。今の涼山中の監督はとんだエロオヤジだな。
・負けん気の強い花ちゃん!ここまでお膳立てされたら、やるっきゃない!!
・あっさりと弾き返される花ちゃんの直球!「こんなオジンに打たれた」とガックリくる花ちゃん!
・花ちゃんを守るため戦うアー坊!花ちゃんのことは僕が一番よくわかっている!!
・初級、いきなりのビーンボール!こういう投球術は兄貴から受け継いだんだろうな。
・「す すいません」→口だけで絶対反省していない。ていうかわざとだ。
・2球目は外角低めにズバッと決める!これぞ精密なコントロールの成せる業!!
・「アー坊は今……あたしのために…」→花ちゃんをを守るために戦う騎士・アー坊の雄姿にときめく花ちゃん!!
・外角低めいっぱいの次は内閣低めいっぱいを突く!アー坊のコントロールには関口スカウトも脱帽!!
・ナイススマイルで右手のグローブを投げ捨てるアー坊。いい表情してるぜ。
・「これは反対で投げても勝てるな」→相手を挑発して油断を誘う策士・アー坊!
・「ド真ん中行きます!」→相手はまだちゃんと構えてないのに投げていいのか?
・左とは段違いに速いアー坊の右の速球に面食らって、高めのボール玉を振ってしまった関口スカウト!さっきのド真ん中宣言は空振りを誘っていたのね。
・「これで花ちゃんの事は諦めてくださいよ」→見事勝負に勝ったアー坊!これには花ちゃんも大喜び!!
・「見事なり!両刀投げ!」→大声張り上げてド派手に登場した坂上監督!おいしいところ全部持っていっちゃった!!
・坂上監督から告げられる衝撃の事実!関口スカウトは元6大学の猛者だった!!
・「あたしをだましたみたいでカンジ悪いぞ――」→関口スカウトは元高校球児とは言っていたが大学野球をやっていないとは言っていない。でもこんな重要な事実を隠していたんだから、花ちゃんに嫌われるのは仕方がない。
・「こちらの監督には理解されなかった両刀投げ!ウチは理解するぞ! 真直高校に来い!アー坊くん!!」→ここまで言われて行かなかったら男じゃない!花ちゃんの進路のために戦っていたはずが、いつの間にかアー坊の進路が焦点に!!
・アー坊を追いかけて真直高校に行く決心をした花ちゃん!大好きなあなたのそばにいるためならば、付いて行きますどこまでも!!
・グラウンドの外で一部始終を目撃していたのりっぺ!花ちゃんの覚悟を目にして、のりっぺはどうするのか!?

総評:今週はアー坊が主人公らしい活躍を見せていた。来週はのりっぺが動くのか?

今週の名セリフ
「江口花は将来俺の花嫁になる!」
「アー坊は今……あたしのために…」
「これは反対で投げても勝てるな」
「ド真ん中行きます!」
「見事なり!両刀投げ!」

2007年4月18日 (水)

ストライプブルー第1話感想サイト

個人的なブックマークも兼ねて、「ストライプブルー」第1話感想記事へのリンク集です。

赤い放射能に汚染されたブログ
週刊少年チャンピオン、チャンピオンREDといった秋田書店の漫画雑誌の話題を中心としたブログ。
丁寧なあらすじ紹介と的確なツッコミが面白いです。

360度の方針転換
漫画雑誌感想サイト。チャンピオン感想サイトリンク集が充実しています。
新連載第1話の、前作読者の意表をつく展開には僕も「やるな!」と思いました。

精神とバキの部屋
範馬刃牙・椿ナイトクラブ・チャンピオン感想サイト。
花ちゃんご自慢の素晴らしいボディラインを徹底検証!(笑)

カミムラ家の窓から
以前チャンピオンで『サイカチ』を連載していた漫画家・カミムラ晋作先生のブログ。
ハイテンションな感想が素敵。僕も花ちゃん派です。

下手の考え休むに似たる マンガ感想別館
四大少年誌&その他の感想サイト。
ラブコメなど、前作とはまた違う面白さがストライプブルーの魅力ですよね。

TALKING MAN
SF、ミステリ、ライトノベル、漫画などエンターテインメント中心の感想サイト。
地味な主人公と魅力的なダブルヒロイン。この三角関係は今後どうなるんでしょうか。

2007年4月15日 (日)

本家で描いてきました。

ストライプブルー布教のために、お絵かきBBS.comで描いてきました。

67361 女子を描いただけで力尽き、アー坊は少し簡単に描きました。

のりっぺがまずまずうまく描けてよかったです。

イラストギャラリー

2007年4月14日 (土)

このサイトについて

週刊少年チャンピオン連載の漫画「ストライプブルー」のファンサイト。作者・出版社などとは一切関係ありません。
前作「ショー☆バン」のファンサイトも兼ねています。
感想のほか、イラストも描きます。無断転載はご遠慮ください。

ストライプブルー感想

ストライプブルー1巻・2巻感想
ストライプブルー3巻感想

イラストギャラリー
ストライプブルーの登場人物一覧
ストライプブルーアオリ集

ストライプブルー感想サイトリンク集

リンクフリー。コメントも大歓迎です。

サイト名:ストライプブルーワールド
管理人:seiji
アドレス:http://stripeblue.cocolog-nifty.com/blog/

人気ブログランキングへ Pixiv

2007年4月13日 (金)

ストライプブルー第1話感想

週刊少年チャンピオン2007年20号 第1話/『俺は第2エース』の巻

表紙アオリ「1ストライク、2ガール!俺たち無死満塁!!」→この意味不明っぷりが素敵。さすがはチャンピオンだ。

内容感想
・花ちゃんがエース!?
・「野球アイドル誕生だぁHeart」→相変わらず編集のノリは面白い。
・花ちゃんはマスコミにも取り上げられて大人気!
・イマイチ覇気の感じられないアー坊だけど野球に対する情熱は本物のようだ。
・報道陣はウザいが直木はもっとウザい。迫り方が強引にもほどがあるだろ。
・花ちゃんがお色気作戦でアー坊を誘惑!
・相変わらず花ちゃんは番太郎のことを「お兄様」と呼んでいるのか。
・花ちゃんは健気ないい子だ。でもなぜそこまでアー坊に惚れ込んでいるんだろう?
・「部室内でラブコメ禁止じゃあ~」→部室外ならいいのか。
・直木は自分が勝ったときの条件しか出していないから卑怯だ。負ける気なんてさらさら無いのか。
・「ゴーインな男が好きなんだろ!!」→何この痛い子。
・レフトフライだと主張する負けず嫌いなアー坊。兄貴に似たのか。
・乙女を泣かせるなんて罪な男だぜアー坊。ここは兄貴と違うところだな。
・直木ほったらかしで走り去る花ちゃん。すっかりピエロだな直木。
・花ちゃんを泣かせたにもかかわらず紀っぺと仲良く一緒に帰るアー坊。そりゃ冷やかしたくもなるよ。
・「学園の二大美女江口花と朝井紀子をひとり占めた~許せねーぜ」→直木の気持ちもわからんでもない。
・「これで高校からは・・・・・・・・・花ちゃんに邪魔されないんだ…Heart」→花ちゃんを邪魔者扱いですか。のりっぺは友情より愛情を取ったのね…。
・このヒゲオヤジはなぜアー坊の才能を見抜けたのだろうか?
・物語的に都合のいいタイミングで出てきたひったくり!
・右はノーコン剛速球、左は精密なコントロール。器用と言うか、どっちつかずと言うか…。
・「これぞ両刀!アー坊投手!」→恋も野球も両刀使い!アー坊…恐ろしい子!

総評:今週は花ちゃん祭り。直木もピエロとしていい仕事している。

今週の名セリフ
直木「江口は将来おれの嫁になる女だからだ!」
花ちゃん「この素晴らしいボディーライン――ただで男子部員に見せるわけにはいかんからねHeart でもアー坊にだったら………」
花ちゃん「あたしもアー坊の夢に協力するよ」
アー坊「あ~~~花ちゃん それはしちゃいけない選択だよ!」
直木「ゴラ~~ 部室内でラブコメ禁止じゃあ~~~~」
直木「ラブコメより勝負だッ!」
直木「おれが勝ったら……江口はおれの嫁さんになる! 小沢が負けたら……おとなしく朝井と結婚しろ!!」
直木「江口~~ そんな事言っておまえ……ゴーインな男が好きなんだろ!!」
花ちゃん「バカげた遊びでも負けてほしくなかったんだよ!」
直木「なんで泣くんだよ江口ィ!」
のりっぺ「これで高校からは・・・・・・・・・花ちゃんに邪魔されないんだ…Heart
坂上「さあ ぶち込んでくれ……!」
アー坊「ストライク…………入りませんよ」
坂上「かまわんかまわん どんと来いよ」
坂上「これぞ両刀!アー坊投手!」

東京一の俊足:世利

Seri_1

残戸宇中の世利

イラストギャラリー

守備の名手:清田

Kiyota_1

千両役者・清田

イラストギャラリー

トップページ | 2007年5月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ