« イラストギャラリー | トップページ | ストライプブルー第7話感想 »

2007年5月26日 (土)

ストライプブルー第6話感想

週刊少年チャンピオン2007年26号 第6回/「軟式を下に見る男」の巻
アオリ
「アー坊と花ちゃんの語らいに割り込んだこの男…ただ者ではなさそうだ!!」
花ちゃんじゃなくてのりっぺだよ!花ちゃんはショートカットで野球できる方!!

内容感想
・「いきなり上がり込んでゴメンね おれは段田八五郎」→さっきまでの威勢はどこへやら、紳士的な態度を見せる八五郎!
・「平太の事で話がある」→にこやかな顔をしているが、内心は何を考えているかわかったもんじゃないな。
・平太と八五郎はシニアの世界大会バッテリー!八五郎は見た目どおりの豪腕投手なのか?
・共に甲子園を狙う女房役・平太の浮気相手がアー坊!許せん!!
・「小沢番太郎の弟」「所詮軟式」「生意気に硬球なんか持っちゃって」「補欠」「女に負けて」…挑発的な言葉を並びたてる八五郎にムッとするアー坊!いちいち癇にさわるヤローだ!!!!(フリーザ?)
・「楽しい手品だね?ボールはどこに行ったの?」→ボールをぶつけると見せかけて、天高く空中に放り投げ、それをアー坊が立っている場所にドンピシャリで落下させた八五郎!小粋なパフォーマンスだぜ!!
・八五郎の驚異的な手首のスナップとコントロールに驚愕するアー坊!シニア日本代表エースの名は伊達じゃない!!
・「平太が惚れ込んだ君の実力を見たい ちょっと外に出ないか」「ふ……しょうがないな……」「あ あたしも行く」→誘われた勝負を甘んじて受け入れるアー坊。そこにのりっぺも乱入だ!
・「うらやましいねえ…「両手に花」で……」→読者の気持ちを代弁する八五郎!八五郎はモテないんだろうな…。(涙)
・「公立中学の軟式野球部でのんびりとやっていた人はうらやましい おれも“そんな中学時代”送りたかった……」→2度とは戻れない青春を野球につぎ込んだことを少し残念がる八五郎!前作の番太郎も恋愛なんかとは全く縁がなかったしな…。
・4番・平太は公式戦5本塁打、5番・八五郎は公式戦7本塁打!多少荒くても長打力があるのが八五郎のバッティング!!
・「君……硬式で世界大会に行ったのは立派だけど…だからって中学の軟式野球部を下に見る事はないんじゃないのかな?」→軟式には軟式なりの意地と誇りがある!冷静な口ぶりながらも熱い怒りを感じさせるアー坊!
・「それにおれ…「小沢番太郎の弟」――って言われるのも苦手でね……」→アー坊のテンションが上がってきたー!!
・「ほほ…成功Heart成功Heart ハートに火が点いた」→やる気満々のアー坊を見て嬉しそうな八五郎!
・「ひょっとしたらこの勝負で……アー坊の進学先がわかるかもしれない」→のりっぺは勝負がどうこうよりもアー坊の進学先に興味津々なのだ!
・「おまえは……“3球”で片付ける!」→急に主人公らしくなったアー坊!ビシッと決めてくれるぜ!!
・「うほッ かっこいい」→アー坊の意気込みを茶化す八五郎!余裕綽々だ!!
・「え!?遅い」→予想外の遅球に驚く八五郎!しかしそこはシニア日本代表の5番、変化球にもうまく対応して大飛球をかっ飛ばす!!
・「軟式は切れるのが早いぜ」→しかし結果は大ファール!軟式には慣れていない分、この勝負八五郎が不利か?
・1球目は内角に食い込むスライダー、2球目は外角へ逃げるシュート!どちらも結果は大ファールで、「計算通り」に追い込んだアー坊!
・「おれは自分で言った事は実現するよ あと1球だ!」→有言実行!このふてぶてしいところは兄貴によく似てるな!!
・「いやあ最後は“右”で投げよ」「はァ?右?」→アー坊が両刀投げだってこと知らなかったの!?それ位は平太に聞いておけよ!!
・「でも信じられん!やっぱ!」「親切に言ってんだから信じなさいよ」→この土壇場にきてドタバタ劇か!なんか微笑ましいな!!
・「アー坊が珍しく“口”で相手をかく乱している よっぽど3球で仕留める事にこだわってるんだ」→読者的にはいつも口でかく乱しているような気がするんですが…。でもまあ、公式戦ではそんな事なかなかできないか。
・アー坊があえて手の内を明かしたワケ。それは「コントロールがつかない右」を振ってもらい、3球で確実に仕留めるため!策士・アー坊!
・ぎこちないフォームでさらにかく乱させ、豪速球を放つアー坊!とことん勝利にこだわる!!
・「よし!空振りだ!」→…と思ったのもつかの間、バットに当てられてしまった!八五郎のバットコントロールは予想以上だった!!
・「予告通り…………3球でやられた! しかしスゴイ 両刀投げだなんて!」→平太も惚れ込んだ両刀投げを体感して驚愕する八五郎!この勝負、アー坊に軍配!!
・「か かすられた バ バットに当てられた……」→一方アー坊は、ピッチャーフライに打ち取った事はさておき、自慢の剛速球をバットに当てられたことに大ショック!互いの実力を認め合った二人!!

総評:今週は「ショー☆バン」時代を思い出す男臭い勝負の回だった。でもそろそろ花ちゃんや直木が恋しいこの頃。

今週の名セリフ
「うらやましいねえ…「両手に花」で……」
「おまえは……“3球”で片付ける!」
「でも信じられん!やっぱ!」
「親切に言ってんだから信じなさいよ」

« イラストギャラリー | トップページ | ストライプブルー第7話感想 »

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

アー坊のこの騙し戦法、まだ2回しかやっていないのに、随分とやっているような錯覚に陥るから不思議です。

挨拶送れてすいません。

Sinsenさん、こんにちは。
アー坊のこの騙し戦法、関口照雄と合わせてこれで2回目ですが、平太も含めれば3回目です。
これまでは全て「計算通り」に成功してきましたが、今回ついにその作戦にほころびが出ました。
さすがに3回も同じ作戦を成功させてしまうとくどいので、作者もあえてそうしたんでしょう。

そもそもこの作戦はアー坊の「両刀投げ」を相手が知っていれば恐くもなんともないので、今後改良する必要がありそうですね。

ところで、相互リンクありがとうございました!チャンピオン系のサイトは数少ないので、共にがんばりましょう。

コメントありがとうございました。

 はじめまして、宇都宮 勇です。

 コッソリとリンクしてくださいまして、ありがとうございます。路地裏過疎サイトなのですが、よく見つけてくださいまして……(汗)。

 トップ絵にエロゲーキャラというアレなサイトですが、今後もヒイキしてください。

宇都宮 勇さん、はじめまして。
わざわざご挨拶有難うございます。
宇都宮さんのサイトはコンテンツが充実していて素晴らしいです。
僕はまだまだ新参者ですが、これから徐々にコンテンツを追加・更新していこうと思っています。
週刊少年誌の中では最もマイナーなチャンピオンを盛り上げるため、共にがんばりましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/6558103

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第6話感想:

« イラストギャラリー | トップページ | ストライプブルー第7話感想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ