« ストライプブルー第17話感想 | トップページ | ストライプブルー第19話感想 »

2007年8月28日 (火)

ストライプブルー第18話感想+a

週刊少年チャンピオン2007年39号 第18回/「最悪」の巻

内容感想
・ノーコンのはずのアー坊の「右」の投球は意外にもドまん中に来た…と思いきや、ぐんぐん伸びて高めに!空振りする直木!
・「しまったやっぱ高めのボールだった!」「いや 今のはギリギリ入ってるな!」→ギリギリで新ストライクゾーンに入ったのか?直木の目を幻惑させるほどの剛速球!
・硬球を使っていること、そして約2メートル手前にあるバッティングピッチャーの位置から投げていることによって、アー坊の速球は威力が増す!これが先週言っていた「直木が不利」な理由!!
・「内角低めはおれの苦手なコース!……だが“小沢の左”はスピードが出ん!連載1回目でもおれは小沢のそのボールを打っとる……」→連載1回目ってお前…。読者にやさしい台詞吐きやがって!!
・アー坊の「左」はコントロールがいい。よって確実に予告通りのコースに来る。ここまでわかっていれば打つのは簡単!のはずが…。
・さっき投げられた「右」とのスピードの落差で球を待ちきれず、またも空振りする直木。この分だと、アー坊の「左」はむしろ「遅さ」を追求したほうがいいかも。
・次はドまん中の「右」の速球を空振り!右左交互に投げる「両刀投げ」の幻惑投球の餌食にされ、まったくタイミングの合わない直木!!
・「“あの直木”がバットにかすりもしない……」→涼山中ではダントツのすごいバッターだった直木。しかし今はアー坊の投球に手も足も出ない!!
・「この場から消えたい!飛んで逃げて帰りたいィィィィッ」→右左交互に投げられて6球連続空振り!冷や汗ダラダラで自信喪失の直木!!
・相変わらず「チラ見」を続ける監督。その心中やいかに?
・「あ 直木だ」→ここで久しぶりにのりっぺ登場!おっとりしてて気づくのがワンテンポ遅いところが可愛いな。
・病んだ顔で肝尾さんも見守る中、直木の入部テストは続く。なんとか当てることはできるようになってきたみたいだ。
・「よーし5分だ!止め!」→やっと両刀投げにも慣れ、いい当たりが出たところでテスト終了!直木はよくがんばったけど、この分じゃダメかな…。
・「おいアー坊!あれ程言ったのに………なぜ手を抜いた――!?」→いつになく激しい言葉でアー坊を叱る高鍋!その真意は!?
・「て…手………?手なんて抜いてませんよ…」→妙な言いがかりをつけられ、困惑するアー坊。アー坊はこんな時に手を抜けるほど器用じゃないはずだけど…?

総評:のりっぺがかわいかった。
また肝尾さんも相変わらず僕らに強い印象を与えてくれた。そして最後の高鍋の言葉は真実なのか、ハッタリなのか?たぶんハッタリだと思うけど、意外と本当にアー坊は手を抜いていたのかもしれない。事前に空に言い含められたとか何かで。

今週の名セリフ
「連載1回目でもおれは小沢のそのボールを打っとる……」
「この場から消えたい!飛んで逃げて帰りたいィィィィッ」
「なぜ手を抜いた――!?」


現代怪奇絵巻
「いらない選手のカードに限って連続で当たる」
怪奇発見!肝尾さんみたいな選手がプロ野球カードに載っている!!しかもいっぱいある!!!

« ストライプブルー第17話感想 | トップページ | ストライプブルー第19話感想 »

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/7716280

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第18話感想+a:

« ストライプブルー第17話感想 | トップページ | ストライプブルー第19話感想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ