« ストライプブルー第18話感想+a | トップページ | 縞青高校野球部員一覧 »

2007年9月 1日 (土)

ストライプブルー第19話感想

週刊少年チャンピオン2007年40号 第19回/「ダラダラとイカない」の巻

タイトル:「ダラダラとイカない」
今週のタイトルエロいな。狙ってるのか?

内容感想
・「ぼ 僕は……手なんか抜いてません」→このあせりっぷりを見ると、アー坊はマジで手を抜いていたらしい。
・「おれがあれ程手加減するなと言ったのに………それでもやるとはなァ………大した度胸だよ」→高鍋の目はごまかせない!手を抜いたアー坊を厳しく叱る!!
・「高鍋 おまえもまだ若いなァ…」→高鍋を制止し、アー坊の心情を代弁しつつフォローする監督。ただの女子アナマニアじゃないところを垣間見せる。
・「アー坊は不器用だなァ…でもやった事は正しい!」→平太もアー坊の行動には共感。嘘をつくのは下手だけど優しいんだね、アー坊は。
・「明日までには決めて君に返事するよ」→あっさり不合格かと思いきや、直木の合否は明日に保留。この様子だと多分合格だろう。
・アー坊の両刀投げは鮮烈デビューを果たし、これで野球部では一目置かれる存在に。直木はすっかりかませ犬だ。
・「おれと小沢の位置関係も…………中学ん時とじゃえらく変わっちまったぜ……」→敗北を知ることで人は強くなれる。屈辱から這い上がれ直木!!
・練習の最後はベースランニング。1分おきの全力疾走を30分ぶっつづけでやるとは、なかなかキツいな。
・「文武両道を貫き通せぬ者は野球部から去ってもらう事になる!」→野球漬けにするのではなく、勉強と野球をうまく切り替えて両立させていこうというのがここの方針。八五郎、やばいな…。
・「自慢じゃないが野球部は学年1番をふたり輩出しとる!3年トップ縞青海!」→うんうん、まさに文武両道って顔してるよね。
・「2年トップ 肝尾多面(きもおためん)!」→えぇ~!顔に似合わず、肝尾さんって学年トップの秀才だったの~!?やはりただものではない!!その衝撃的な名前といい!!!
・「モエ~~モエ~~」→脂汗をダラダラたらし、ハアハアしながらモエモエ言っているこの人は…?
・「花ちゃんモエ~~」→やっ、やったッ!! さすが肝尾さん!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!
・ついに本性を現した肝尾さん!不用意に背後を取られた花ちゃんの貞操が危ない!!

総評:少年誌の限界を軽く超えた肝尾さんのファンタスティックプレーが僕らの心をつかんで離さない。ズキュウウウン!
次号予告では「花ちゃんが先輩たちに!?」とのことなので、期待と不安が日に日に積もる。次回は絶対に見逃せないぞ!!

今週の名セリフ
「モエ~~モエ~~」
「花ちゃんモエ~~」

« ストライプブルー第18話感想+a | トップページ | 縞青高校野球部員一覧 »

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/7767345

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第19話感想:

« ストライプブルー第18話感想+a | トップページ | 縞青高校野球部員一覧 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ