« ストライプブルー1巻・2巻感想 | トップページ | ストライプブルー第30話感想 »

2007年11月10日 (土)

ストライプブルー第29話感想

週刊少年チャンピオン2007年50号 第29回/「妹の頼み事」の巻

内容感想
・「あたしが外野でタマ拾いしててもメーワクにならないでしょ?」→空が他人の迷惑を考えるなんて…。甲子園に行けない程度に足を引っ張れとか、アー坊のグローブにカッターナイフを突き立てた人間の台詞とは思えない!
・「え え ええ それは……助かりますが………」→空の突然の提案に戸惑うアー坊。断る理由はないけれど…。
・「助かりま~す“お嬢”さん」→空の行動に疑問を感じながらも、直木も空の提案を受け入れ、感謝する。なんにしろ手伝ってくれるなら悪くない。
・「今日のおれ…………調子いい! ピッチャーの手からボールが離れて… ボールの軌道を追う目… 集中力が変わった!」→アー坊のタマを見事に打ち返す直木。ただいま打撃絶好調!!
・「これはあのメモをつけ始めた影響なのか?? 他人のフリーバッティングのメモなのに……」→アー坊の提案は、先輩へのアピールだけではなく直木自身の実力を高めるのにも役立った!まさに一石二鳥!!
・そんな直木の陰でこっそりと見ていた監督。ハタから見たら完全に不審者だな。もしくは探偵が浮気調査に来ているみたいだ。
・「直木~~良く打つね~~ ナイバッチだよ~~」→玉拾いをしながら愛想を振りまく空。すっかり甲斐甲斐しくなっちまったなぁ。
・「あ あの“お嬢”さん あたし達も手伝います」→空の行動に触発されて動いた花ちゃんとのりっぺ。ていうか、玉拾いくらい最初からしてやればよかったのに。
・「あ~~幼なじみコンビだあ」→幼児退行してしまったのかと疑ってしまう位に純粋になってしまった空。あのドス黒さはいったいどこへ?
・「はいよ これはあたしのおごり」→練習の帰り、たこ焼きを買ってアー坊たちに食べさせる空。良い女子マネじゃない…。
・「いただきます」→ちょっと遠慮しながら食べるアー坊たちとは違って、タコ焼きのおいしさに夢中になっている様子の食いしん坊・のりっぺ。別に野球部員じゃないから遠慮がないだけなのかもしれないけど。
・「みんな1個ずついきわたったとこで…… この1個は………… 友達想いのアー坊に…! あ~~ん」→なんというラブコメ展開!空の大胆な行動に一同ビックリ!たこ焼きをほおばって頬を膨らませているのりっぺが可愛い!
・「い いいんスか?」「いいのよ はやくHeart」→なんかエロいなこの会話。アー坊は完全に照れているけど、空は手取り足取り教えてくれる年上のおねーさんといったような余裕が見える。
・「ニッ」→とても素敵な笑顔を見せる空。こんな優しい顔で笑えたのか…。
・「な… な… なんだ? このお嬢さんの態度……」→ギャップ萌えってレベルじゃねーぞ!今までの空の態度もかなり異常だったけど、これはこれで異常だ!!
・「アー坊の“右”が押さえが効くようになってきた」→直木の練習に付き合って投げ込みをしてきた成果なのか?あれだけノーコンだった“右”でもストライクゾーンに放れるようになったアー坊!
・「お兄~~~いちゃん おつかれさん」→アー坊の急成長を実感して、実戦投入を真剣に考えていた海の腕に突然抱きついてきた空。これはシスコンにはたまらない。
・「おまえ……なんかおれに頼み事でもあんのか?」→妹が妙に甘えてくる時は無茶な要求を通そうとしている時。十年以上も兄をやっていればそんな事は百も承知だ!
・「そーだね~ あえて頼み事を言うとしたら今年の夏はあたしを甲子園に連れてってよ」→しかし意外にも空の頼み事は、去年約束した「甲子園に連れて行く」という約束の確認だけだった。親父や兄貴の夢をブチ壊してやろうという黒い欲望はもう完全に消え去っているようだ。
・「最近……誰かに恋…してるのか?」→長年連れ添った兄の勘!最近妙に機嫌がよく、表情が柔らかくなったのは恋をしているから?
・「してる――― ――って言ったら?」→海の質問を冗談めかしてはぐらかす空。これはほとんど「恋してる」と言っているのと一緒だ。
・「か か かわいそうだ…… おまえに惚れられた相手が!」→心底そう思っているとよくわかる絶望的な表情で失礼な事を言う。以前までのブラック空だったら間違いなくかわいそうだろうね。
・「そうかな? あたしに惚れられた相手なんて…・………サイコーに幸せじゃん」→さらっと反論する空。以前までの空だったらここでビンタの一発でもかましているところだろう。
・「突っ込みで返して来ないィィ! なんかナチュラルに返してきた」→意外なリアクションに戸惑う海。ていうかツッコミ待ちだったんかい!!
・子供の頃は「大っきくなったらお兄ちゃんと結婚するんだ」などと言っていた事を懐かしそうに語る空。まんざらでもなさそうな表情を見ると、やはり海は真性の「妹萌え」なのか。
・「そろそろあたしも大人だし やっぱ別の人と結婚しとくかな……」→爆弾発言!もう結婚まで考えてるんスか!?兄は妹の急変に戸惑うばかり!!
・「明日はレギュラー組とそれ以外の紅白戦でしたな……」→チーム内の紅白戦、監督が提示してきたメンバー表には意外な名前が!
・「練習補助員の直木が白組のサードで先発――――!?」→直木は正部員に昇格できたってことか?野球部全員が驚きで呆然とする中、あまりの感動で震える直木。本当によかったね…。
・1番肝尾、4番海のレギュラー組で構成された紅組。そして平太、八五郎、アー坊、直木ら1年生を抜擢した白組。これは波乱がありそうだ。
・「アー坊!やっとバッテリーが組めるな!おれ達の初陣だ!」→平太がわざわざ名門私立からの推薦を蹴って縞青に入学したのは、アー坊とバッテリーを組んで甲子園に行くためだった。今、ついにその第一歩を歩む時が!熱いぜ!!
・「おれはライト ――ま いっか」→この温度差は何?かつての迫力はどこへやら、八五郎はすっかりヘタレになっちまったな…。
・「か か 監督は見ていてくれたんだあ~~」→直木は嬉しさのあまり泣きながらガッツポーズを取っているけれど、この監督の真意はいまだつかめない。はたしてこの紅白戦で何が起きる?

総評:今週はほぼ縞青空萌え漫画と化していた。でもたこ焼きをほおばるのりっぺも可愛かった。
ラブコメもひと段落つき、次回はアー坊達の初陣だ。いろんな意味で不気味なトップバッター・肝尾を平太はどんなリードで料理するのか?

今週の名セリフ
「い いいんスか?」「いいのよ はやくHeart
「今年の夏はあたしを甲子園に連れてってよ」
「か か かわいそうだ…… おまえに惚れられた相手が!」
「あたしに惚れられた相手なんて…・………サイコーに幸せじゃん」
「突っ込みで返して来ないィィ!」
「なんかナチュラルに返してきた」
「そろそろあたしも大人だし やっぱ別の人と結婚しとくかな……」
「アー坊!やっとバッテリーが組めるな!おれ達の初陣だ!」
「おれはライト ――ま いっか」

CTC(読者投稿ページ)
「マドンナちゃんモエ~づらHeart
肝尾さんが一番輝いていたあの衝撃のシーンをドカベンの殿馬とマドンナでパロディ!
確かに肝尾さんは殿馬をキモくしたようなキャラです。ていうか花ちゃん風のマドンナ可愛いな。

関連記事紹介
Mersey Paradise
空さんがココ数週で別人のようにデレてしまって、怖い!とのことです。確かにあの急変ぶりにはどこか不気味さを感じますね。
デレる前のブラック空さんには、今までのヒロインにはない魅力がありました。また何かのきっかけで真っ黒にすさんだとしたら、面白そうですね。

« ストライプブルー1巻・2巻感想 | トップページ | ストライプブルー第30話感想 »

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/8859028

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第29話感想:

« ストライプブルー1巻・2巻感想 | トップページ | ストライプブルー第30話感想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ