« ストライプブルー第31話感想 | トップページ | ストライプブルー第33話感想 »

2007年12月 2日 (日)

ストライプブルー第32話感想

週刊少年チャンピオン2007年53号 第32回/「恩返し」の巻

内容感想
・「よっしゃ小沢 ナイスピッチ」→見事な実戦デビューを果たしたアー坊の“両刀投げ”!先輩たちも大絶賛!!
・「アー坊 おれはピッチャーとしては3年間やってもおまえには勝てないかもしれないな!」→八五郎、うぜー!台詞と態度が合ってねー!!
・「ま おれはバッティングでがんばるぜ!」→いつの間にやらピッチャーへの未練を断っていた八五郎。人間諦めが肝心だぜ。
・「直木 よく あの火の出るようなサードゴロをさばいた おまえけっこーうまいんだな」→同級生なのに先輩風を吹かしまくる八五郎。直木タジタジ。
・「守ってる間中 手の中 汗でびっしょり…………」→とんでもなく緊張している割には動きがいい直木。プレッシャーには強いほうなのかな。
・「1回から2回の間が長く感じたぜ! 小沢」→そしてついに回ってきた海の打席!師弟対決!!
・「おれは初球を振らんぞ」→ボール球を振らされ、ファールや空振りを奪われてきた1~3番の打席を教訓にして、初球は見逃すことにした海。
・「やられた あれだけ見逃すと決めていたのに…… こいつらおれの好きなコースを知ってやがる」→ホームランボールかと見まがうような絶妙のコースにコントロールされた球についつい手を出してしまった海。平太の絶妙なリードとアー坊の制球力の成せる業だ!
・「次は絶対見逃す」→くさいところにきた変化球を、強い意志で見逃した海。さすがだ。
・「「右」にスイッチした…」→カウント1-1で「右」にスイッチ、剛速球を投げ込むアー坊。しかし海は追い込まれていなかったために見逃すことができた。
・「む 「左」に変えた」→カウント1-2で今度は「左」にスイッチ。アー坊の両刀投げに幻惑される海。
・「これは手元がくるったな!」→今度こそ甘い球だ!そう思って振りにいった海だが、ボールは微妙に変化した!
・「チィ ファールを打たされちまった」→バットの芯を外され、低い弾道でファールゾーンに飛んでいく球。
・「パシィ」→直木ィィィ!ファールゾーンに飛んだ難しい球を華麗にダイビングキャッチだ!!
・「直木 すごい!」→愛しの花ちゃんも大絶賛のファインプレー!直木、男を上げたな。
・「ナイスキャッチ 直木」→微妙にダサいガッツポーズで直木を褒め称えるアー坊!これはピッチャーもやる気出るぜ!!
・「すみません主将! 生意気ですがこれが僕の"恩返し”です!」→主将お手製の両投げ用グローブによって覚醒したアー坊!もはやイケイケ!!
・「それにしても"左右投げ”………面白いように相手バッターが術中にはまってくれる!」→予想以上に打者を幻惑する「両刀投げ」の威力に驚愕する平太。わざわざ同じ高校を選んだかいもあるってものだな。

総評:今週はなんといっても直木。見開き上半分を使ったダイナミックなプレーは迫力十分だった。
1年坊3人が大活躍なのはいいことだけど、そろそろ先輩陣の逆襲が始まりそうな気がする。

今週の名セリフ
「アー坊 おれはピッチャーとしては3年間やってもおまえには勝てないかもしれないな!」
「やられた あれだけ見逃すと決めていたのに…… こいつらおれの好きなコースを知ってやがる」
「すみません主将! 生意気ですがこれが僕の"恩返し”です!」


CTC
「CTCが…あたしの事なんて載せるハズないもんね…」
自分をさげすみ、妙な色気のあるマキがCTCに登場!CTCは報われない恋をする女の子にも寛容です!!

« ストライプブルー第31話感想 | トップページ | ストライプブルー第33話感想 »

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/9220499

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第32話感想:

« ストライプブルー第31話感想 | トップページ | ストライプブルー第33話感想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ