« ストライプブルー第50話感想 | トップページ | ストライプブルー第52話感想 »

2008年4月27日 (日)

ストライプブルー第51話感想

週刊少年チャンピオン2008年21+22号 第51回/「全ての起点」の巻

内容感想
・「血のつながった人間同士が面会する事を阻む権利は私にはありません」→海の本当の両親からの、突然の面会依頼。戸惑いながらも部長は、海本人の気持ちを尊重する。
・海は両親に会いたいとは思っていないが、もし両親が「会いたい」と言っていることを伝えたら、それを承諾するだろう。しかし、もしそれが原因で海の心が乱れてしまったら…。部長は海のことを愛しているがゆえに、本当の事を伝えるべきか迷う。
・「上級生のくせに…おれの妹なのに…おまえ下の者に何を言ってたんだ!? 答えろ空!」→空の陰湿な後輩いびりを目撃してしまい、激しく空を問い詰める海!
・「お…女のバッティングピッチャーなんて…やっぱ…いらないよ……」→花ちゃんはいらない!野球部における花ちゃんの存在意義を否定する空!
・「いつも言ってんだろ…………ウチは少数精鋭だと…!“余分な部員”など……ひとりもおらん!」→おまえらはみんな、ウチの部員だ!金八先生並みの広い心で、花ちゃんを擁護する海!!
・「江口…おれの妹が何を言ったのかは知らんが今の事は全て忘れてくれ いいか 当分は空の事はシカトしろ おまえは明日も今まで通り普通にやってればいいんだ」→今のはなかったことに…。花ちゃんを口止めするとともにフォローを入れ、混乱を少しでも抑えようとする海。
・「全てはアー坊が起点となって始まっている」→海が補欠になるのはアー坊のせいだというのか?
・「空の表情が暗い………さすがにアイツでさえこの状況が飲み込めているんだ…という事はウチの部員全員が今この状況に注視しとるという事だ…」→海が補欠になるかもしれない。チームの根本を揺るがすこの異常事態に、呆けたような表情を見せる空。
・「直木の才能開花のスピードは…ノンストップだ!」→空の言葉は、むしろ直木を発奮させるきっかけになってしまったのか?驚異的なバッティングで、今やチームの大黒柱に成長した直木!
・「アー坊………き…君はなんで………なんで…ウチに入って来ちゃったの……………?」→あなたの額にボールをぶつけて負い目を感じたからですよ。
・女の涙は美しい。悲哀と絶望に彩られた空の表情は、狂気すら感じさせる。夜の校舎で自主トレに励むアー坊に、空はいったい何をしでかすのか?そして、偶然それを目撃した八五郎は、どう絡んでくるのか?

総評:空の暴走のスピードは…ノンストップだ!

今週の名セリフ
「血のつながった人間同士が面会する事を阻む権利は私にはありません」
「いつも言ってんだろ…………ウチは少数精鋭だと…!“余分な部員”など……ひとりもおらん!」
「直木の才能開花のスピードは…ノンストップだ!」

« ストライプブルー第50話感想 | トップページ | ストライプブルー第52話感想 »

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/20613824

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第51話感想:

« ストライプブルー第50話感想 | トップページ | ストライプブルー第52話感想 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ