« ストライプブルー第64話感想 | トップページ

2008年8月17日 (日)

ストライプブルー第65話感想

週刊少年チャンピオン2008年36+7号 第65回/『仕事』の巻

内容感想
・「な…なんだったんだ?今のは…“勝負できる距離”じゃ全然なかった…………」→直木の打球はぐんぐん伸びて、大きな犠牲フライになった。それほど振りが鋭いということか。
・「直木の奴ナマイキ~~~この犠牲フライに満足してねェな」→貴重な先制点にも涼しい顔の直木。あのお調子者がどうしちゃったの?
・「コイツは雑魚だと思ったが…とりあえず「仕事をした」!――と言わざるをえん」→散々「雑魚」だと馬鹿にしていたものの、結果には逆らえない。三野の目は節穴だったと言わざるを得ない。
・「こすっちまったな…ミスショットだ…」→まるで打撃の達人のような考えの直木。直木のくせになまいきだぞ!
・「犠牲フライのあとは点が入りませんねェ…」→好投手二人の投げあいで、淡々とイニングは進む。初回の1点が重い展開に。
・「8回の表でようやく追いついた」→完封ペースのアー坊だったが、「左」で長打を打たれて同点に。1点を争う熱い展開になってきた。
・「“新神宮効果”!あんな深いとこに止まっちまった」→4番・直木のライト線への当たりは、改装された神宮の芝とグラウンドのおかげで、外野の深いところで止まった。その間に俊足の直木はどんどん先の塁へ。
・「中継に走ってるセカンドのスパイクのヒモがほどけてる」→サードコーチの海は、冷静な観察力で野手のヒモがほどけているのを確認。これはランニングホームランのチャンス!
・「直木ゴーゴーゴー! まわれ ホーム突っ込め――!」→セカンドのヒモがほどけているとはいえ、やや無謀にも思えるゴー判断。果たして海の思惑通り、セカンドの送球は乱れるのか?

総評:直木のくせになまいきだ。

今週の名セリフ
「コイツは雑魚だと思ったが…とりあえず「仕事をした」!――と言わざるをえん」
「直木ゴーゴーゴー! まわれ ホーム突っ込め――!」

« ストライプブルー第64話感想 | トップページ

ストライプブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391127/23047902

この記事へのトラックバック一覧です: ストライプブルー第65話感想:

« ストライプブルー第64話感想 | トップページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ